任意売却を考えるアナタに知って欲しい豆知識

任意売却を考えるアナタに知って欲しい豆知識

任意売却と競売の違いと特徴

自宅を建築したり、購入したりする時には一般的に金融機関から住宅ローンを組むことになります。そして住宅ローンを組むと、土地や建物は債権者(銀行などの金融機関)に担保として提供され、抵当権あるいは根抵当権が設定されます。そのため万一、住宅ローンが返済できなくなると、債権者は債務者の担保となっている土地や建物を売却し、債権の回収を図ることになります。
契約書
 

任意売却とは

 
住宅の売却の方法には2つあり、1つは「任意売却」で、2つ目は「競売」による強制売却です。任意売却というのは、担保に入っている土地や建物の所有者である債務者と債権者との話合いによって売却する方法のことです。なお、担保の抵当権者が複数存在し、その内の一人でも抵当権の抹消に応じない債権者がいる時は、任意売却はできません。

 

任意売却には以下のような特徴があります。

・債権者との話し合いで決められるため、ある程度納得した内容で売却することができます。
・売却価格は一般的に競売による売却より高くなります。
・住宅ローンの返済ができない、などのプライバシーを他人に知られる心配がありません。
・住宅の明渡し日などは話合いで決めることが可能です。
・売却の際の諸費用を債務者が負担せずに、売却代金から充当させることができます。
・引越し費用を債権者に肩代わりしてもらえます。
 

競売とは

 

一方、競売というのは、債務者が住宅ローンの返済不能となったことから、債権者が貸付金を回収する手段として、裁判所に担保不動産の競売を申し立て、裁判所の管理のもとで強制売却する方法のことです。

 

競売には以下のような特徴があります。

・債務者の土地や建物は債務者の意思に関わらず、裁判所によって強制的に売却されます。
・売却における諸費用は売却代金とは関係なく、債務者自身の負担となります。
・競売の情報はインターネットや新聞、裁判所などで公表され、プライバシーが公になります。
・明渡しは一定期間を経た後、執行官によって強制執行が行われます。

 

なお、競売あるいは任意売却をしても債務を完済できなかった時は、債務者は残債務の返済を継続しなければなりません。ただし、自己破産をしている時は免除となります。

 

 

競売と任意売却の違いについて
ベテランの弁護士になると過払い金請求がスムーズ
任意売却で借金返済
任意売却というのは自分から司法書士や弁護士を通して不動産会社に売りに出す方法
過払い金返還請求について
父母と私と自己破産
任意売却はまずは専門家に相談を
任意売却で生活の安定を取りもどす
過払い金の請求は弁護士に依頼する
借金する場合には返済計画を立てないと…
任意売却をするメリット
会社倒産と自己破産
任意売却の基礎知識
自己破産のデメリットとは
過払い金返還請求手続きを行いましょう
任意売却の期限設定について
自己破産の前に任意売却
自分でもできる過払い金の返還請求
自己破産のメリット・デメリット
住宅ローンが滞り任意売却するケースが多くなっている